子供は宝

EM全般・雑談
08 /01 2007
子供は宝です。自分の血を分けたわが子は自分の命を懸けて守るのが人の親の気持です。子供を持つ親で危険な所に子供をほったらかしている事や、自分だけが先に逃げる事は普通なら無いことです。

子供は親が居なければ自分で生きていく事は出来ません。職業につくだけの完成された知識もまだ学んでおりません。

中学を出る頃には、大体の知識を学びますが、アルバイトをするということや、家事の手伝いをすることによって、少しずつ世間を知っていく段階を通過することもあります。

社会に出て働く事は自分が強い意志をもって就職をすることです。
親がきちんとした生き方を家庭で教えた子供は、高校を卒業し成人すれば、しっかりと生きていけます。

社会も大人として認めてくれますので立派に就職も出来ます。
成人して子供が生まれたとき、その親は育てる事は当然忙しさが増しますが、それも生き甲斐になって精神的にも子供と共に自分も親に成長し、子供の成長が自分の喜びとして親も成長することで、成人した子供の親として親がどのように生きたかと言う事がお手本となり、子供を成長させ親としての輝かしい成果を実感します。
ではどのようにして成長していくのでしょうか。

コメント

非公開コメント

EMマザーT

ひどいアトピーに悩む息子を何とかしたいと思い続けて30年、ある日テレビで琉球大学の比嘉教授のお話を聞いてEMと出会い、実際に使ってみた体験記です。