スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダイオキシンから身を守る食事の取り方

EM全般・雑談
08 /02 2013
ダイオキシンから身を守る食事の取り方

イモ類は土や汚れを落とし、皮を剥いて食べる。
豆類は土を良く落とし、皮をむいて食べる。
絹さやインゲンはよく洗い、皮を剥いて少量食べる。
きのこ類は人工栽培なので安心。

魚介類は、日本では最も多いダイオキシン供給源です。
ダイオキシンは沿岸部で沈むため、魚は遠洋漁業のマグロ、タラ、カレイ、カツオはほぼ安心。
天然ものより、はまちや鯛の養殖魚のほうが汚染度が高い。遠海マグロは良い。
食べ方、内臓は食べない。ほかの食品も満遍なく食べる。
貝類、えび、かには魚よりも甲殻類に汚染が蓄積しやすい。アサリや牡蠣は汚染度が高い。貝類の中で沿岸部の汚れた川に居るアサリは、郡を抜いて汚染されている。アサリは美味しいが、なるべく少なく食べる。

コメント

非公開コメント

EMマザーT

ひどいアトピーに悩む息子を何とかしたいと思い続けて30年、ある日テレビで琉球大学の比嘉教授のお話を聞いてEMと出会い、実際に使ってみた体験記です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。