薬と健康食品の補助力を生かして

EM全般・雑談
03 /13 2013
医学が発達し、薬も大変多い種類の薬が次々と発表されております。健康食品もこれほど多く巷にあふれている時代はかつて例がありません。
文化が発達し、多くの情報は個人でも専門的に多く収集する事が出来ます。インターネットでは色々な病気も公開されております。
人体内にはすでに子供達の未来を脅かすのに十分なだけの高濃度の合成化学物質がつまっている事は確かです。この蓄積を回避する事も人間には出来ます。
 アメリカとヨーロッパに生まれた赤ちゃんは母乳の乳児期間に、生まれて一生の許容範囲の量を、半年で取り込んでいると言います。日本でも母乳を飲んでいる乳児は、成人に対して認められているPCBの一日の国際健康標準量の5倍に相当するPCBを飲んでいる。とも書かれています。蓄積された物を緩和する食事と体を良くする健康食品を食べて抗酸化力を高め、元気に暮らしましょう。

コメント

非公開コメント

EMマザーT

ひどいアトピーに悩む息子を何とかしたいと思い続けて30年、ある日テレビで琉球大学の比嘉教授のお話を聞いてEMと出会い、実際に使ってみた体験記です。