人が病気になったとき

EM全般・雑談
11 /21 2012
人の一生には怪我や病気によって健康を損なわれる事も起こります。出血をした時に何もしなければ、出血多量で一日も生きる事は出来ません。
ガンの場合、お医者様から「あと3ヵ月」と言われれば殆どの人が「約3ヶ月で」亡くなりました。父、親戚、兄、弟、嫁全員3ヶ月前後でこの世に居なくなりました。
「この時野菜を沢山食べるとよいと言われた時は、野菜をプラスして食事をします」この努力が、寿命+生命力」の生き方の新しい道になります。
何よりも優先して自助努力をする事は大切な事です。健康になれば自分で食事作りも出来ます。人の話し相手も出来ます。
現代の寿命は昔よりもはるかに長くなりました。
長く生きる事によって、行動も自由に出来ます。気に入った好きな食事も自由に作って食べられます。
若くて元気な時からラジオ体操をして、筋肉を鍛え、楽しくておいしい生活を目指しましょう。

コメント

非公開コメント

EMマザーT

ひどいアトピーに悩む息子を何とかしたいと思い続けて30年、ある日テレビで琉球大学の比嘉教授のお話を聞いてEMと出会い、実際に使ってみた体験記です。