食事の大切さ

EM全般・雑談
04 /05 2012
健康面ではどのように成長していくのでしょうか。
食事の大切さを知りましょう
人は一度の食事を抜く事によって、一日の栄養摂取量が不足します。朝食を抜くことが習慣になりますと、一日2食で一日分の栄養をバランスよく取る事には無理があります。
朝食には野菜、味噌汁や卵、牛乳を摂取しますが、朝食に卵を食べる事で脳の栄養となり、記憶力も食べない時よりも良い結果が出ます。自分の生活の中で食物を意識して振り返ってみると、朝食を食べる時と食べない時では1~2年で自分の記憶力の変化や骨密度の低下がわかる人が居ます。老人になると若い時よりも20センチ以上背が低くなります。
朝はこれから頭脳を使って活動し、仕事に取り掛かる時間です。頭に栄養を補給して自分の持っている能力を発揮しましょう。
 朝食を抜いてお腹が空いていると仕事が手につかず、お昼までに手軽に間食をします。この時はたいていお菓子か飴を口に入れて仕事をしております。
20年後がお分かりでしょう。背が低くなって太ります。

コメント

非公開コメント

EMマザーT

ひどいアトピーに悩む息子を何とかしたいと思い続けて30年、ある日テレビで琉球大学の比嘉教授のお話を聞いてEMと出会い、実際に使ってみた体験記です。