朝食を食べる

環境・体質改善・健康
09 /27 2011
朝食には野菜、味噌汁や卵、牛乳を摂取しますが、朝食を食べる事で脳の栄養となり、記憶力も食べない時よりも良い結果が出ます。自分の生活の中で食物を意識して振り返ってみると、朝食を食べる時と食べない時では1~2年で自分の記憶力の変化や骨密度の低下がわかります。
朝はこれから頭脳を使って活動し、仕事に取り掛かる時間です。頭に栄養を補給して自分の持っている能力を発揮しましょう。お腹が空いていると仕事が手につかずイライラしてだらだらと時間が経つだけの人が居ります。
特に幼児期から小児期は、脳細胞の増える時ですので積極的に栄養のバランスを考えて、偏らない楽しい食事が出来るように工夫して作りましょう。野菜もきちんと食べておりますと、体の中に入った環境ホルモンやPCB類もある程度排泄しますので、体内を酸化させるものをメインに食べるよりも健康の為に良いのですが、普通に食べると言うだけでは体内から半分排泄する為には5年かかります。その間に食事を食べ続けますので蓄積が増えます。
これを積極的に排泄するものがあります。一日の飲む数により、お通じの排出する柔らかさと量がご自分で調節できます。


キープメビウス桃太郎(1.5g×60包入り)
キープメビウス桃太郎(1.5g×60包入り)


コメント

非公開コメント

EMマザーT

ひどいアトピーに悩む息子を何とかしたいと思い続けて30年、ある日テレビで琉球大学の比嘉教授のお話を聞いてEMと出会い、実際に使ってみた体験記です。