足のだるいとき

EM全般・雑談
10 /05 2010
足のだるいとき、栄養剤をいつも飲みました。2年3年と飲んでいるうちに、43キロであった体重が現在よりも20キロ近く増えました。御砂糖の袋20個分くらい重くなったのです。
体がむくみ、毎日だるい体で仕事をしました。
体重増加分の砂糖袋を毎日抱えて仕事をし、子育てをしておりました。
その頃が一番足の調子が悪く、一寸の事でひざの半月板がひび割れして、たまっている水を病院に行き、太い注射器で抜き取りました。何度も水を抜いている間に水を抜くと気持良くなりますが、又、溜まって痛みます。この繰り返しでした。

2年半を過ぎますと、お医者様も年のせいだからといわれ痛い足を引きずりながら病院へ通いましたが、一向によくなりませんでした。
その頃、子供が温泉に連れて行ってくれました。最初は痛い足を引きずりながらつらい思いで行きましたが、温泉から帰ってきた翌日、確実に効果を感じ、痛みが減っていたのです。リュウマチにも良い温泉という事でした。

それからは、月に2度くらい連れて行ってもらいました。その度に痛みがぐんと一回一回良くなっていく状態が分るのです。
座るときは痛みで脂汗が出る状態でしたので、歩く事もままならなかった足でしたが、朝のラジオ体操と温泉のおかげで、今では走る事も出来るようになりました。
何でも諦めないでやってみることです。
痛みの出来たときは、昔から言い伝えられた温泉療養もいいものです。
この時期は、食事にも気をつけEMで体内を掃除しました。

コメント

非公開コメント

EMマザーT

ひどいアトピーに悩む息子を何とかしたいと思い続けて30年、ある日テレビで琉球大学の比嘉教授のお話を聞いてEMと出会い、実際に使ってみた体験記です。