梅雨時の洗濯

環境・体質改善・健康
05 /24 2010
 梅雨時に洗濯機を使うと、結構湿気を感じます。それで洗濯の間は換気扇をつけます。
梅雨時の初夏はカビやすいので変な匂いがします。そのような事のないように、洗濯物を入れたら、先ずEMエコロジーをシュッと振り入れます。
この量は何度か洗濯をして居りますと真っ白に気に入った白さを見て量を増減して下さい。

いつもの適量の洗剤を入れて水を入れ、粗洗いを10分します。
黒い汁が出ますが、捨てないでこのまま半日つけておきます。半日経ちますと、洗濯して干します。
ワイシャツの襟を洗剤でもむ事もいりません。
粗洗い後浸けておくだけで、黒い水のまま捨てないで洗います。
ただ置いておくだけで、洗い上がりますと靴下も真っ白になります。

そして一番いいのがこれを続けて洗濯をしている間に今までよりも格段にタオルも下着も何倍も長持ちすることです。
薄汚れていたのが、だんだんと白くなってきて、何年後には輝くように白いブラウスになってきました。
もう15年新しいタオルは頂き物を少し足すだけで、タオルの枚数が増えるばかりです。下着も4年に1度買うくらいですが、17年前のナイロンのランジェリーがレースも破れないで多少薄くなって今もあります。お試しの値打ちはあります。
 それにもっと他にも役に立つのです。

コメント

非公開コメント

EMマザーT

ひどいアトピーに悩む息子を何とかしたいと思い続けて30年、ある日テレビで琉球大学の比嘉教授のお話を聞いてEMと出会い、実際に使ってみた体験記です。