台所の必需品

セラミックス
10 /28 2009
台所は結構小物や食べかけの袋が多くあります。多彩な料理をしますと、それだけ使いかけの袋が増えます。長い間忘れて居りますと、酸化して捨てなければなりません。これを少しでも長く使えるように出来ないでしょうか。
 クリーンウエーブです。電子レンジを使わない時は、外に出してこの上に使いかけの食べ物や調味料を置いておきますと良いエネルギーに変えます。
 クリーンウエーブを皿の上に乗せてレンジを使いますと、そのままよりも健康になるエネルギーを持った食品となります。
 電磁波は見えませんが、味で確かめる事は出来ます。レモンを薄切りにして、半分をクリーンウエーブに並べます。あとの半分はお皿に入れてそのまま5分置きます。
 レモンの味見をしてください。まろやかなほうが体に良いレモンです。
 体に良い物を理知的に食べましょう。
スポンサーサイト

EMで土もよくなり家庭菜園が楽しめます。

セラミックス
06 /10 2006
私の自宅の裏庭で小さな畑を作っています。
住み始めた頃は土がカチカチでどうにもなりませんでしたが、ここ数年毎年EMと肥料代わりの生ゴミを撒き続けたら、だんだん土質が良くなり、雨上がりなどにはミミズがでてきてピンピン跳ねています。
ここ2年ほどは夏になると直径5センチはあろうかという「おばけキュウリ」やトマト・三つ葉などを楽しんで食しています。特に採りたてキュウリはみずみずしいので、夢中で食べてしまいます。

最近は青汁にして飲むためのケールを植えて、朝のジュースにしています。とにかく、農薬一切無しの採りたて有機栽培野菜はやっぱり味が違う!しかもEM効果で元気です。

炊飯器やお水のピッチャーに入れる「EMセラミック」類も、半年ほど使ったらハンマーで砕いて土に撒いて使えます。

もともと有機農法のために発見された有用微生物群EMですが、あらためて効果を実感する今日この頃です。



EMセラミック

水がおいしくなる、ごはんがふっくら炊ける、お風呂が気持ちよくなる…さまざまなセラミックのパワーをお試し下さい。

お風呂でのEM活用について

セラミックス
04 /13 2006
久々の書き込みです。年齢を重ねれば重ねるほど日々過ぎ行くスピードが増していくように感じます。昨年も1~2ヶ月ほどしか経っていないような感覚のままあっという間に1年が過ぎてしまいましたが、今年も早4月、造幣局の桜の通り抜けも始まり、ゴールデンウィークはどうしようかと考えているこの頃です。今まで山あり谷あり大病もしましたが、こうして頑張っていられるのもEMのおかげ。

さて、人間は汗をかいて毛穴にたまった老廃物や有害物質を常に出すことが必要ですが、都会の水にはカルキや塩素・重金属類など皮膚のために良くない様々な成分も含まれておりますので、我が家ではシャワーにEMのフィルターのついたものをつけ、また浴槽にはEMセラミックをぶらさげています。そのため皮膚がかゆくなったりがさがさになることがありません。

しかし温泉好きの私はあちこち近場の温浴施設に行くことがよくありますが、そのときには温泉のお湯はいいところもあるのですが、スポーツクラブなどの塩素消毒した水を循環している施設へいったときは、お風呂やシャワーをしたあと、かさついたりかゆみが出たりしてどうも皮膚の調子が良くないことが多いです。また備え付けのシャンプー・せっけん類もかゆくなるので、EMのバス用品一式は必ず持って行きます。

シャワー用のフィルター商品はもう廃盤となってしまいましたが、お風呂用EMセラミックはぶら下げるだけ、なんとなくお湯がやわらかくなったような感じで、水道水のお風呂でも気持ちいいです。

EMセラミックにはこんな商品があります

セラミックス
11 /05 2005
EMセラミックにはこんな商品があります
お風呂用⇒一番風呂からまろやか。(つるしておくだけ)

トイレ用⇒長年こびりついている石灰化したトイレの汚れ! これが2~3ヶ月を越えた頃に洗ったときぬるりと落ちてピカピカに。(つるしておくだけ)

飲み水用=2リットルくらいのポットに水道水を入れてポットの中に入れて4~6時間冷蔵庫で冷やします。飲みやすいおいしい水に変わっています。(ポットに入れておくだけ)
おまけにこの水を飲んでいるうちに半年くらいでお肌がツルツルに。
使いやすいのもいいです。

それぞれ半年くらい使ったセラミックは、砕いて鉢植えや庭の土に埋めておくと、良い土になります。無駄なく再利用できます。

EMマザーT

ひどいアトピーに悩む息子を何とかしたいと思い続けて30年、ある日テレビで琉球大学の比嘉教授のお話を聞いてEMと出会い、実際に使ってみた体験記です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。